--- はじめに ---
日本の特別天然記念物ニホンカモシカは山の奥深くに用心深く生息し、滅多に人間と接触する場でお目にかかることはできません。山や森などで生きているニホンカモシカに会えることはとてもラッキーな出来事です。実際のニホンカモシカの姿形はどんな感じなんでしょう?図鑑の写真などではいまいち全体像がわかりにくいですよね。動物園での飼育カモシカを見るのが一番でしょうが、カモシカを飼育する動物園はそれほど多くありません。ところが、写真や図版ではわかりにくい「大きさ・量感」「骨格」「毛並みの質感」などは、「剥製(はくせい)」「骨格標本」を見れば一目瞭然なのです。そして、ニホンカモシカの剥製は気を付けていると案外身近なところに見つかるかもしれないのです!
そこで「日本全国のニホンカモシカの剥製・骨格標本の実態調査」をしてみたいと思っています。いや、調査なんていうとおこがましいのですが、一体どこにどれだけのカモシカの剥製や標本があるものか、ちょっと気になっているものですから・・。
博物館や学校はもとより、役所のロビーや旅館のホールの片隅なんかにヒッソリと置かれているのを見かけたことはありませんか?もし見つけられたら、どうかまうご犬に教えてやってください。どんな場所に置かれていて状態がどんなだったかなんかも報告いただけると幸いです。画像があれば尚喜びます。
「かも板」(←「まうごてんのもくじ」から入って下さい)への投稿、
もしくは で、どうぞよろしくお願いいたします!

「剥製はキモチワルイ〜」って思われる方も多いかもしれませんが、本来なら死んだのちに安らかに土に帰っていくはずのからだを、人間の知識のための資料として残させていただいているのです。大事に扱ってあげなければなりません。なにより、せっかく剥製として存在している以上はそこから何らかの知識を得たいものです。もし触ってもいい状態で置かれていたら、どうか是非さわってみてください。カモシカの毛やツノがどんな感触のものなのかを知るには、一般人には剥製に触れてみることでしか機会はありませんよ。その触覚から、カモシカに対する何らかの興味が生まれることを期待しています。

--- かもはく INDEX ---
011> 富山県「富山市ファミリーパーク」
010> 青森県下北郡脇野沢村七引園地「野猿公苑」
009> 石川県能美郡鶴来町獅子吼(ししく)高原「獅子ワールド館」
008> 岐阜県久々野町、道の駅「なぎさ」
007> 青森県上北郡十和田湖町、十和田ビジターセンター
006> 青森県南津軽郡浪岡町、県民の森 梵珠山 県立自然ふれあいセンター
005> 青森県中津軽郡西目屋村、白神山地ビジターセンター (準かもはくです)
004> 青森県青森市八甲田山中、酸ヶ湯温泉
003> 長野県大町市立大町山岳博物館2階
002> 群馬県吾妻郡草津町、道の駅草津運動公園内 草津高山植物資料館
001> 石川県河内村、ふるさと保養センター「清流」

--- かもはく「ここにもあるよ!」情報 ---
(画像無)下北少年自然の家(みいずさん情報)
(画像無)青森 脇ノ沢の野猿公園、料金所右の建物の中(samayoさん情報)
(画像有)宇奈月国際会館セレネ 「カモ シカ子」 (みいずさん情報)
(画像無)秋田 環境と自然のむら(みいずさん情報)
(画像有)法師温泉(みいずさん情報)
(画像無)宮崎大学 農学部 農業博物館(みいずさん情報)
(画像有)栃木 湯西川温泉 平家狩人村 一番館・鳥獣資料館(みいずさん情報)
(画像無)蓼科 御泉水自然園(みいずさん情報)
(画像無)竹田市 歴史資料館(みいずさん情報)
(画像有)上高地ビジターセンター(みいずさん情報)
(画像無)長野県鳥獣保護普及センター(みいずさん情報)
(画像無)長野 真田町 千古温泉(みいずさん情報)
(画像無)日本大学生物資源科学部資料館(みいずさん情報)
(画像無)石川 小松市立博物館(みいずさん情報)
(画像無)山梨県武田の杜鳥獣センター(みいずさん情報)
(画像無)白山国立公園 中宮温泉ビジターセンター(みいずさん情報)

うぃず」のみいずさん、samayoさん
貴重な情報を大変ありがとうございました!

この欄にある「かもはく」たちに実際に会うことのできた方、どうかどうか、
画像と状況報告のご投稿をお願いいたします〜!
また、旅行などの道すがら近くをお通りの際には、是非この欄のかもはくたちを
たずねて覗き見てやってくださいましね。




このページのトップへ / かもしかのへやへ / まうごてんのもくじへ